渋谷すばるです。

いきなりの生存確認で、おどろかれた方もいらっしゃるかも知れませんが、一応お伝えさせて頂きます。

わたくしは渋谷すばるでございます。
本人でやらせて頂いております。

ご覧頂き、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

近況報告みたいな感じにもなりますが、
僕は今、世界中を旅しながら色々なもの事に触れて、見て、感じて、作曲して。

そんな日々を過ごしております。

 

皆様は、カンボジアという国をご存知でしょうか?

行った事がある日本人はどれぐらいおられるのでしょうか。

僕は初めて訪れた国、カンボジアで色んな事を感じて、考えさせられ、言葉を失ったりもしました。

日本人の僕が、カンボジアという国について持っていたイメージや、知っていた事は多くはなく、ざっくりとした何となくのイメージぐらいでした。

東南アジアの国だという事や、つい最近まで続いていた悲惨な争い事。

上っ面だけしか知らない日本人の僕や、
上っ面さえも知らない日本人も、もしかしたらいるのかも知れません。

カンボジアという国に、僕という日本人が訪れて感じた事をお伝えしたいと思います。

戦争、内戦、武力衝突
約20年前ぐらいまで続いていた事です。

 

僕らが、ミレニアムだとか盛り上がってたぐらいの時に、カンボジアという国では何が起こっていたのか。

 

同じ国で、同じ言葉を喋る、同じ人種同士が争うってどういう事だと思いますか?

 

この日本という国の中で、
日本語を喋る僕らが、同じ様な事をするって
考えられますか?

 

僕は、カンボジアの人たちに対して、
大変とか、かわいそうとか、
そういった感じで思ってました。

実際に現地で暮らしている人達とも触れ合う機会もあり、それまで勝手に僕が持ってたイメージは少しづつ変わりました。

 

カンボジアの人たちは、幸せそうだと感じた。

 

その人達はその人達の普段の生活の中で、
普通に毎日を生きている。

 
 

幸せって何なのでしょうか。

 
 

日本は平和だとかよく言われると思います。

だから日本人は幸せなのでしょうか?

 

世界中にある様々な
とても複雑な事、

 

心という鏡があるとして
その鏡を地面に落として
ひび割れた鏡を蹴散らして

飛び散った破片を全て
拾い集める事が奇跡的に出来たとして
もと通りの形に戻した所で

一度入ったひびは、二度と戻らない。

 

そんな事をカンボジアは言っていた。